エムズクリニック白金 | 耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・消化器科・頭痛・物忘れ外来・エイジングケア・予防接種

診療内容

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科外来ではいわゆる風邪の症状や花粉症はもちろん耳やのどの状態を専門的に、診察を行います。

また院長の経験から小児耳鼻咽喉科に特に力を入れております。鼻水、咳、耳の聞こえの悪さを感じたらすぐに受診をおすすめいたします。

またBスポット治療やお子様のアレルギー検査に最適なイムノキャップ検査を行っています。


症状
みみ 耳の痛み、かゆみ、聞こえづらさ、耳鳴り、耳のつまり
はな 鼻水、鼻づまり、くしゃみ、鼻血、においがわからない
のど のどの痛み、のどのつまったかんじ、息がくるしい、咳がでる、いびき、こえがでない、味がしない
その他 首のしこり、耳の下の腫れ、顔が思うように動かない

病気
みみ 耳あか、外耳炎、急性中耳炎、滲出性中耳炎、突発性難聴
はな 風邪、花粉症、副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻血、Bスポット
のど 咽頭炎、扁桃炎、声帯炎、声帯結節、声帯ポリープ、口内炎、舌炎
その他 耳下腺炎、リンパ節炎、顔面神経麻痺など

Bスポット治療

Bスポット治療とは?

鼻の奥のつきあたりの部分(子供のころはアデノイドという組織があった場所です)に塩化亜鉛(えんかあえん)という炎症を治す薬を塗る治療のことです。

「Bスポット」とは上咽頭は別名鼻咽腔(びいんくう)とも呼ばれ、この鼻咽腔の頭文字の「B」をとって元東京医科歯科大学耳鼻咽喉科教授の堀口申作先生が命名されました。

上咽頭の炎症に対して塩化亜鉛を塗ることにより炎症がよくなり、鼻からのどに粘液が下りてくる感じ(「後鼻漏(こうびろう)」といいます)、のどの違和感やのどの痛みなどの症状が改善します。

どんな症状の人に効果があるの?

先ほど述べたように、後鼻漏がある方に効果があります。そのほかには、感冒の初期、頭重感、頭痛、肩こり、鼻閉、喘息、自律神経失調症などに効果があるといわれています。

治療は痛いですか?

炎症の強い人ほど、とても痛い治療法です。

治療直後から1日中痛みが残る場合があります。痛みの強い人ほど炎症があるわけですから、治療を継続することをおすすめします。

治療後、鼻水や痰が1時間ほどでます。炎症が強い場合、鼻や口から出血しますが心配は不要です。

まれに、この治療後、頭が重く感じたり、顔がむくむことがあります。

炎症がひどい場合は、毎日でもできますが、1週間に2回、約1-2ヶ月続けると、より効果があります。

イムノキヤップ

イムノキヤップとは?

イムノキヤップ(アレルギー検査)は指先に針を刺して血液をとり、20分で結果がでます。少量の血液で検査ができるので小さなお子さんにおすすめです。

どんなアレルギーがわかるの?

ダニ、ゴキブリ、ネコ、イヌ、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギの8項目のみが検査項目に含まれています。

何歳から検査できるの?

とくに何歳からという規制はありませんが、生まれてすぐの赤ちゃんには体のなかの抗体というものがすぐに増えてこないため、検査を行っても必ずわかるわけではありません。
1歳~2歳では約30%の陽性率、それ以降では約80%という報告がありますので、私自身はだいたい2歳以降のお子さんにおすすめしています。

アレルギーがあるとわかったらどうしたらいいの?

原因アレルゲンがわかったら、症状を悪化させないように出来る限り避けるようにしましょう。花粉の季節には、マスクやめがね、原因植物には近づかないなど気をつけましょう。ハウスダスト系(ダニ、ゴキブリ、ネコ、イヌ)には室内のこまめな掃除を心がけましょう。

スギ舌下免疫療法(シダトレン)について

アレルゲン免疫療法とは?

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。
エムズクリニック白金ではスギに対してアレルギー反応をお持ちの方のみに治療を行っております。
アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度、少量から投与し、徐々に増量、高濃度へ移行させていきます。

治療の流れとは?

☆現時点では13歳以上の方が対象です。

➀ 希望の方は、まず「採血検査」にて「スギ花粉アレルギー検査」を受けていただきます。
➁ 約1週間後に検査の結果を説明し、スギ花粉症が確定したら処方開始となります。
➂ 初回処方時のみ院内で内服していただき、副作用の有無を30分経過後に確認します。問題がなければ帰宅可能となります。

シダトレンとは?

舌の下にシダトレンという名前のスギ花粉を含むエキスを滴下します。
舌の下にそのエキスを2分間のっけたまま、その後に飲み込みます。
最初の2週間で量を増やしていき、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与します。
初回内服時の投与は院内で行ないますが、以降は毎日ご自宅で行っていただきます。

副作用は?

報告は少ないですが、アナフィラキシーショックという重い副作用が現れることもあります。口のなかのかゆみや発疹なども報告されています。
本治療は副作用に対する適切な対応ができる医師のもとで行われます。
また、副作用に対する患者さんの理解も必要です。

費用はどれくらい?

クリニックでの治療費と薬代と合わせて1ヵ月あたり3,000~4,000円の負担(保険適応3割負担の場合の場合)になります。

治療開始時期は?

エムズクリニック白金では6月から11月開始をおすすめします。

治療期間について

長期間の継続治療が必要です。約2年ほど舌下免疫療法を行い、効果を確認します。ある程度効果のある方には4~5年間の治療をお勧めします。
舌下免疫療法は、即効性のある治療ではなく。長期間の治療が必要です。
花粉症の症状を一時的に押さえる治療ではなく、体質を改善し長い期間かけて少しずつ良くしていくという治療です。
効果・治療期間には個人差があります。